目の下にクマがあると疲れて見える|クマは治療できる時代

クマの原因と治療

目を閉じる女性

目の下にクマができてしまうと、疲れている顔に見えたり実年齢以上の顔に見てしまったりします。また、クマと一言で言っても複数の種類があります。まずは、青クマこれは目の周りの構造上毛細血管がたくさんあります。何らかの原因で血行不良になるとこの毛細血管が浮き上がってきて青く見えてしまうのが青クマです。次に茶クマと言われる、色素沈着のクマが茶くまです。紫外線や目をこすりすぎたことによって色素が真皮までに凸龍してしまった状態です。最後に黒クマ、これは老化とともに現れやすいクマです。たるみは、皮膚のヘコみなどが原因で黒クマは起きます。それぞれのクマによって、原因が違えば治療法も変わってきます。正しい治療法を行なうことが、クマを解消する近道と言えます。

青クマを治療する方法として、体調改善があげられます。血行不良が、青クマとしてあげられますのでその原因や生活習慣の改善、処方薬によって改善することが可能です。茶クマは、メラニンの色素沈着が原因なので医療用レーザーなどで肌のターンオーバーを活性化させ沈着の原因となる色素を取り除いていきます。黒クマには、黒クマとなる原因が2パターンあります。1つはたるみによって眼球を支えている脂肪が突出してしまうことが原因で起きてしまうのでそれを排除する施術法と、眼の周りが痩せることによって皮膚のヘコみが原因でできてしまった黒クマにはヒアルロン酸注射などを行なって黒クマを治療していきます。クマ1つをとっても、治療法が様々です。自分自身のクマがどの種類かよく把握して、治療は行なう必要があります。

美容皮膚科では

医者

大阪エリアの美容皮膚科では、美容整形と違い全くメスを使いません。メスを使わず、肌の再生能力を高め肌本来の美しさを取り戻すということです。自分の肌にあった、施術方法を見つけることが大切です。

Read More...

様々な効果が期待できる

注射

ボトックス注射は、筋肉の収縮に働きかけるため表情ジワを軽減することが可能です。また、それだけではなくエラをなくしたり、顎と尖らせたりする効果があるので小顔効果にも期待できます。

Read More...

部分痩せも可能

ボディ

部分痩せは、ダイエットでしようとするとなかなか難しいと言えます。ですが、大阪エリアの美容整形などで行なっている痩身施術を行なえば難しい二の腕や太ももだけを補足することも可能です。

Read More...